バンコクのおいしい生活

バンコク在住の主婦&ライター&料理修行中のNOBUが、食べ物ネタを中心にバンコクの日々の風景を綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
新しいブログを開始しました。

農業と料理をテーマにしたブログで、カフェグローブドットコムの公式ブログとして
書かせていただいてます。
よかったら遊びにきてくださいね!

農家のムスメのスローライフ

NOBU
スポンサーサイト
このページのトップへ
1年以上も手つかずだったこのブログ、
実はしばらく更新しないうちにパスワードを忘れ、
そのうちPCが壊れてしまい、でも日本への本帰国が決まったため、
今更新しいPCをタイで買っても・・・というわけで、ずーっと放置してたんです。

その間も訪れてくださった方、どうもありがとうございます!
そしてもしかしてブログ経由でご連絡をくださった方、
登録してたアドレスが使えなくなっていたため、
メッセージを拝見することができておりません、ごめんなさい・・・。
先ほど現在のアドレスに登録し直しましたので、
もしよろしければもう一度ご連絡ください!

さて近況ですが、
2008年11月、5年半暮らしたバンコクを後にし、大阪に帰ってきました。
バンコクで出産した息子は、日本で2歳の誕生日を迎えました。
現在は少しずつライター業をはじめつつ、農業にも携わることになりました!

というわけで近々、農業と田舎暮らしをテーマにしたブログを始める予定です。
始動開始したらお知らせしますので、よかったら遊びに来てくださいね♪

NOBU





このページのトップへ
カオサンにあるベジタリアン・タイ料理レストラン
『May Kaidee’s Vegetarian Restaurant』のクッキングクラスに参加しました。

教えてくれるMayさんは、日本でもクッキングクラスを開催したり、
レシピブックを出したりと、幅広く活躍しているタイ人女性。

との事前情報をきいていたので、すごーくキチンとした設備なのかと思いきや、
やはりそこはカオサン。

レストランはエアコンは効いているものの、裏手のクッキングクラススペースは、
エアコンなしの、よく言えばオープンエアキッチン。
タイ人のローカルな生活が垣間見れるかんじの、なんともほのぼのした台所・・・。
オープンエアなので、アリやちっちゃな虫がいるのは当たり前、な環境。

マイ台所


まい調理中
左から2人目がMayさん。
この4月と6月にも日本でクッキングクラスを開催するそうです


欧米人旅行者の参加者が多いようですが、
彼らにとってはこの雰囲気がいかにも東南アジアなかんじでいいんだろうなぁ。


まずはマーケットに食材調達にいくところからスタート。
ここはロティ屋さん。春巻きに使います。

まいロティ屋さん


そして近所のマーケットで野菜とクッティアオ(米麺)をお買い上げ。

教わったのはトムヤムスープ、パッタイ(タイ焼きそば)、
ソムタム(パパイヤサラダ)、グリーンカレー、マッサマンカレー
など10品。

まい料理1
カシューナッツと野菜の炒め物

どれもタイ料理の基本調味料、ナンプラーを使わないので、
一体どんな味に仕上がるのかしら~?
と思っていたら、どれもちゃんとタイ料理の味で、さっぱりしていておいしい。
でも意外に、お砂糖とマギーソースを多用。
このあたりは気にしてないようです。

まい料理2
マッサマンカレー

まいデザート
黒米とココナッツのデザート マンゴー&バナナ添え

Mayさんは今の姿からは想像つかないけれど、昔はとっても太っていたのだそう。
「それでベジタリアンになってみたら、自然に痩せてずっとキープしてるのよ」とのこと。
とっても陽気な人で、途中ダンスあり、歌あり。
いなくなったかと思ったら着替えてきたり。

マイ全員集合
私とペアを組んだサンフランシスコ出身の男性は地中海料理のシェフ。
「肉や卵、色んな食材がダメって人がいるけど、
ベジタリアンメニューは皆がハッピーになれるからね」と、旅行中に参加


時間を気にせずのんびりしたタイ時間なクラス。
1品作っては各自が好きなように試食して・・・というゆる~いスタイルで。
欧米人旅行者には受けるだろうな~ってかんじでした。

大幅に押してる時間が気になりつつも、あまりのゆるさに驚きつつも、
それなりに私も楽しかったです。

May Kaidee`s Vegetarian Restaurant&Cooking School
●10品で1200バーツ 9:00~13:00(実際は14時過ぎまででした・・・)

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

このページのトップへ
約1年ほど前にエカマイにオープンしたモロッコカフェ『Al Majlis』に行ってきました。

アルマジリスエントランス
このエントランスが目印です

MBKのオーナーのお屋敷を改築したとかで、
豪華なお屋敷のリビングをモロッコちっくなインテリアに仕立て上げたってかんじ。
スパも併設されてます。

アルマジリス内観

土曜日はハイティーが楽しめると聞いていたのですが、
「今はやってません」とのこと。あらら残念・・・。

気を取り直してオーダーしたのがこちら。

お店のオススメメニュー、アラビック・ピタ・ピザ 170バーツ
ピタピザ


新メニュー、クリスピーサラダ 150バーツ
クリスピーサラダ


シェフはイギリス人とのことですが、どれも可もなく不可もなく・・・。
モロッコっぽいメニューもいくつかあったけど、
普通のサンドイッチやパスタがメニューの大半をしめてます。

ケーキは全種類が盛られたプレートを持ってきて選ばせてくれます。
どれもなかなか凝った作りっぽい。

ケーキプレート
どれも105バーツ

私がオーダーしたチョコレートラプソディーは、
甘ったるいかな~と思いきや、プラムと洋酒が効いた大人の味でなかなか美味。
友達が頼んだベリー・ストロベリーも甘さ控えめでおいしかったです。

アルマジリスケーキ
モロッコミントティー(80バーツ)と一緒に

ソファも快適ですごーくリラックスできる雰囲気なので、
ここは食事よりもまったりとお茶しにくるのがいいかも。
もしくは飲みながら話し込みたい夜に。
お酒もけっこう揃ってました。

大人の社交場ってかんじのカフェなので、どうかな~と思いながらも
友達2人とベビ連れでいったのだけど、スタッフが遊んでくれて、ベビちゃん大興奮、
ママは大助かり♪
静かにしてくれてて明るい時間帯なら、ベビ連れもアリです!

Al Majls
エカマイ・ソイ12
16時半~翌1時
土曜日は15時~(日休)

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

このページのトップへ
タイの伝統芸能、フンン・ラコーン・レック(タイ人形劇)を観に行ってきました!
場所は、ルンピニナイトバザール内のジョールイスシアター。

こちらがシアター。
外はタイ料理レストランになってます。

ジョールイスシアター


1階の待合は、人形の展示コーナーになってます。
人形劇待合
人形使いの女性が、詳しく説明してくれます

ショーは20時から始まって1時間。
タイ語で見て、はたして楽しめるのか不安だったけど、
物語はいたって単純(今回はガネーシャ神誕生のお話)だし、
セリフはあまり多くなくて簡単な英語字幕もはいるし、十分楽しめました。
なんといっても見所は、タイ楽器の生演奏にのっての人形の動きですからね。

タイ人形
人形は全長1メートルくらい

3人の人形使いが1台の人形を動かすのだけど、そのぴったりあった動きはお見事!
プロのお仕事だわーと感激。
ただの人形が、人形遣いによって生命を吹き込まれ、
本当に生きてるように見えてくるのです。
劇場内は撮影禁止だったので、写真に残せなかったのが残念なんだけど。

タイ人形2
待合スペースに展示されてる人形の顔。けっこう怖いです

なんでもこのタイ人形劇、2006年、プラハで行われた世界人形劇祭で、
最優秀文化伝統人形劇賞を受賞したのだとか。

タイが誇る伝統芸能に触れることができて、なかなか感慨深い夜でした。

※上演は毎日20時から。窓口でチケットを買うと900バーツ(約3000円)ですが、
日本語のバンコクナビというサイト(多分)からだと、ちょっとお得でしたよ。

ジョールイスシアター このページのトップへ
タイの伝統ストレッチ体操、ルーシーダットンの写真を撮りに、早朝のワット・ポーへ。

サパーンタクシンからチャオプラヤ・エクスプレスにのったのですが、
日中は込み合ってるチャオプラヤ・エクスプレスも、朝7時台だと乗客は少なめ。
早朝の空気も気持ちよくて、20分ほどの船旅、ゆったりと楽しめました。

ター・ティアン船着場で下船して歩いてワット・ポーへ行くと、
こちらも早朝のため、人はまばら。
日中に行くのとは違った雰囲気で、なんだか厳かなかんじ。

ワットポー1


ルーシーダットンは毎朝8時から、ワットポー内のマッサージ屋さん前で行われます。
マッサージ師が仕事前に身体を整えるために行う体操ですが、一般の人も参加OK。
日本人を含め、旅行者も多く参加してます。

ルーシー・ダットン


一般の人がワットポーでルーシーダットンを体験できるなんて、
よく考えたらなかなか贅沢なことよねー。
というわけで私もちょこっと参加。ヨガよりも簡単&やさしい動きで気持ちいい~。

ルーシー像
ルーシーダットンのポーズを模った像。
色んなポーズのものがあります


ちなみにマッサージ屋さんは改装中で、現在簡易店舗にて営業中。
それにしてもワットポーマッサージの価格、来るたびに値上がりしててびっくりです。
今現在タイマッサージ1時間で360バーツ。強気だなぁ。


テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

このページのトップへ
1度は行ってみたいなぁと思いながら、
暑いし遠いし(といっても車で30分くらいだけど)で
足を踏み入れたことがなかったドゥシット動物園。

ベビちゃん誕生により、お出かけリストの上位に浮上し、
先週末、在タイ5年にして初めて足を運びました!

動物園エントランス


あまり期待してなかったけど、意外とちゃんとした動物園。
メジャーどころの動物は揃ってるし、園内トラムもあるし、
ミニ遊園地も、池にはボートもあり。
なぜだか亀と爬虫類はかなり充実しているし。

お散歩コースもゆったりと。
動物園内


個人的にヒットだったのはサイ。
こんな大きなサイをこんな間近で見たのははじめてかも。

サイ


あとアリクイも。

アリクイ


キリンはダチョウとシマウマと同居。

きりん


目玉(?)のホワイトタイガーは暑さのせいか、ずーっとこんな調子。

ホワイトタイガー


息子のために行った動物園だけど、イチバン楽しんだのは母でした。
大人こそ、こういう童心に帰れる場所が必要かもなぁ。


●ドゥシット動物園
9:00~18:00(無休)
外国人は入場料100バーツ


テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

このページのトップへ
私よりもタイに詳しいタイ通の日本の友人が、
タイに遊びにきたときに教えてくれた穴場レストラン『The Deck』。

中国&ポルトガル様式の昔のお屋敷を改築したブティックホテル
『アルン・レジデンス』の1階に入っているのですが、
ここ、いつも西洋人で賑わってる人気のレストランなのです。

アルンレジデンスロビー
アルンレジデンスのロビー

なにがそんなに人気かっていうと、なんと、
ワットアルンをチャオプラヤ川の向こうに臨む絶好のロケーション!

ワットアルン
テラス席からの眺め

お料理も、タイ人シェフが頑張ってます。
マッシュルームクリームリゾット
マッシュルームクリームリゾット250バーツ

「ソフトシェルクラブのサラダ」とか「クラブミートと生ハムのラビオリ」、
「ラムステーキ」などオーソドックスなものから、
「しめさばのサラダ」「明太子スパゲティ」「抹茶アイスの天ぷら」など、
日本の食材を使ったものまで!
たまに「ん?」っていう味のものもありますが、それはご愛嬌。

マンゴークリームソースフジッリ
フジッリのマンゴークリームソース280バーツ。
タイらしいけどこれは頼まないほうがいいかも・・


クリームカラメル
デザートも種類豊富。
こちらはクリームカラメル150バーツ


タイ料理は試したことないけれど、タイ人シェフだし、
きっとちゃんとしたお味なのではないかと思われます。

ザデッキ 店員
店員さんをパチリ

いずれにしても、このロケーションは日本からのゲストを連れて行くと喜ばれそう!
ワットポーのすぐ近くなので、観光帰りにさくっと行けるし、
ランチからディナーまで通し営業なのも魅力的。

ザデッキバー
昼間はクローズしてますが、3階はバースペース。
夜はライトアップされたワットアルンが目前に!


在タイ5年の私も、観光気分で楽しめました♪


『THE DECK』
住所:36-38 Soi Pratu Nokyung, Maharat Rd.
(ワットポー近く、ター・ティアン船着場から徒歩5分)
電話:02-221-9158
営業時間:11:00~22:00(無休)
ウェブサイトはこちら
アルンレジデンス

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

このページのトップへ
なんだかバタバタとしていてしばらく手付かずだったこのブログですが、
またぼちぼちと書いていきたいと思います。

さて、今回のネタは
『RAINBOW AROKAYA』というホリスティック・ヘルス・センター。

タイでホリスティック・リゾートというと
ホアヒンのチバソム・ヘルス・リゾートが有名ですが、
ここはチバソムのローカル版といったかんじ
(byチバソムも取材したカメラマンさん。私は行ったことないのですけど)。
それなりのお値段ですが、チバソムほど高くはなさそう。

アロカヤ待合
ロビーはこんなかんじ

東洋&西洋医学、リゾートと食事からのアプローチで健康体を目指そう
というコンセプトで、2年前にチャチュンサオにオープン、
このほどバンコクにも完成しました。

『ボディ&マインド・プログラム』とか『ウェイト・ロス・プログラム』とか、
宿泊プログラムがメインで、主な顧客は欧米人、お金持ちタイ人が多いらしいですが、
今回私が体験したような3時間のショートプログラムもあり。

で、そのショートプログラム。
まずはボディチェックからスタートです。

立った状態で正面・後ろ・横からデジカメで撮影され、
それを見てホリスティックセラピストとカウンセリング。
いたって健康体と思っていたけど、肩の高さが左右で違うこと、
背骨が少し歪んでいることなどが判明してちょっぴりショック・・・。

カウンセラー
担当してくれたホリスティックセラピスト

というわけで『バランス・ボディ・ポスチャー』という施術をしてもらうことに。
まずはサウナに入って毒素排出。
続いて超音波によるマッサージでコリほぐし。

次はセラピストによるマッサージ。
整体っぽくて、歪みを直されてるなぁってかんじです。
そして姿勢の指導。
家でもやってくださいねと、立ち方、正しい眠り方を教わる。
さらに機械による全身マッサージを受けて終了。

その後はオーガニック食材使用のランチをいただきました。

アロカヤ食事
パンプキンスープと生春巻き。身体に優しい!

最後におまけでやってもらったオーラ診断。
手を機械にかざすとモニターにオーラが映し出されます。
オーラの色によってその人の状態がわかるらしいのだけど
私のを見たセラピスト、「これはひどい、パワーがなさすぎ」と。

オーラ診断
正直マユツバよね~と思ってたけど、
「なにか薬飲んでない?」と言われてビックリ


結局数日間のみ続けてた風邪薬のせいだろうということに。
薬は毒素も含んでいるからあまり飲まないようにいわれ、さらに食事指導まで。

外食は多いけど、野菜はふだんからたくさん食べてるし、
食事には気をつかってたつもりだったけど、
「1つの野菜をたくさん食べるよりも色んな種類の緑黄色野菜を食べるように」と。
うーん、確かにきまった数種類の野菜ばかりを食べる傾向にあったかも。

健康にも食生活にもけっこう自信があったんだけど、
こういうのを受けると自分自身を見直すいいきっかけになりますね。
なかなか面白い体験でした。
今度は宿泊プログラムに参加してみたいなぁ。

ちなみにお値段はその人の症状によるらしいですが、
今回受けたのは2500バーツだそうです。

『RAINBOW AROKAYA』~Holistic Health Paradise
ウェブサイトはこちら。
RAINBOW ARAKAYA

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

このページのトップへ
今回はサムイ島で新年を迎えました。
4年ぶりに訪れたサムイ空港、きれいに立派になっててびっくり。

サムイ空港

以前は石垣島空港ちっくな、萱葺き屋根の素朴な建物だったのに、
土産物ショップもできつつあるし、子供の遊び場もあるし、
飲み物やお菓子のサービスもあり。
小規模ながら、すっかり国際空港の風貌だわ~。

そしてサムイ島もどんどん開発が進んでるようで、
新しいリゾートがいっぱい建設中でした。
ココナッツアイランドの異名を持つこの島の、ヤシの木群が伐採されて
のどかな景観がなくなっていくのはちょっと悲しい気もするけれど・・・。

今回泊まったのはカンダブリという小さなリゾート。
「年末年始、ベビ連れだしどうしよう?」と、うだうだやってるうちに、
どこも予約がとれなくなって選択の余地なく選んだホテルなのですが。

カンダブリ


決して悪くはなかったのだけど、比較的新しい小規模リゾートのためか、
サービスが行き届かない点がいくつか見受けられ。
ベビーがいるためホテルにいる時間は多くなる、ってところで
快適なリゾート選びは大切だわと思ったのでした。
カウントダウンパーティのような、イベントがからむ滞在は特に。
だってショーとかガラディナーとか、ちょっとしょぼかったのよねー。

カンダブリガラディナー
ガラディナーのビュッフェ

さて、ベビー連れで何をして過ごしたかというと。
海でのアクティビティは無理なので、バイクをかりて3人乗りで島めぐり。
これって日本じゃありえない図なんだけど、こんなこともできちゃうのがタイのいいところ。
日本人旅行者には奇異なものを見る目で見られましたけど・・。

サムイやしのき
ヤシの木と水牛。こんな牧歌的な風景も楽しめます





テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

このページのトップへ

FC2Ad

Information

NOBU
  • Author: NOBU
  • バンコク在住6年目。夫+1歳の息子+ミニチュアダックスの3人+1匹暮らし。

Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

NOBU宛メールはコチラまで♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。